こんな時に依頼するべき

弁護士1

相続には三つの相続方法があるのです。
一般的な相続方法である単純承認と言い借金も含める財産の全てを引き継ぐ方法です。
そして借金に関わってくる事であれば限定承認、全ての財産の相続権を放棄し無関係になる相続放棄という方法になります。
こう言われても、法律にあまり詳しくない方にとっては何がなんだかわかりません。
そういう時に助けてくれるのが弁護士になります。…

どういった物であるか

弁護士2

相続問題と言葉は聞いた事がある方は多いかもしれません、けれども実際はどんな事柄が相続であり何が問題であるのかまでは知らない方も少なくはありません。…

話が全くまとまらない

弁護士3

相続問題は以外に自分は関係がないと考えていても、場合によっては結構関係があったりする身近な物であります。
例えば自分の父親が亡くなりその父が残していった遺産を、どう分けるのか実の家族と親族で揉める事があります。
亡き父が残した遺言に長男ではなく遺産を全て次男に継承させるとあれば、今度は兄弟で混乱が勃発します。
もし自分でなくても自分の妻や夫が、相続問題に巻き込まれる事だってありえなくはありません。
相続問題は双方が納得する形で話が収まらなければ、この後が恐ろしい程人間関係がドロドロしてしまうのです。
自分にプラスでも相手が不満であるのなら、まず収まるどころか事態は泥沼と化すのです。
遺産は金銭などに関わる物であります、人間を狂わし惑わすのは金銭です。
だからこそキレイ事など一切言わずに、相続に問題が発生したのであれば…人は真っ向から自分が正しい事を主張し相続権を勝ち取ろうと奮闘するのです。…